脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!

脳梗塞は突然発症し、倒れてそのまま命を落とすこともありえます。また、命を取り留めても後遺症が残ることも多い病気です。日頃から予防することが大事です!

脳梗塞の対策に@血液サラサラサプリメント

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!脳梗塞とは、脳卒中の一種で脳の血管が詰まる病気のことです。

 

現在日本で多い死因第3位に、「脳梗塞」が入っています。脳卒中の中でも脳梗塞の割合が多いとされています。

 

最悪の場合命を落とす危険な病気ですが、命を取り留めても後遺症が残る可能性もあります。

 

脳梗塞の発症前の段かいに、いくつかの症状や病気があります。

 

最も多いのが高血圧で、その他に高脂血症や糖尿病など。総じて生活習慣病が、脳梗塞の原因になります。

 

とくに脳梗塞を発症しやすいとされる時期が、夏場とされています。暑い日は脱水症状が出るように、体内の水分が少ないために血液がドロドロになり、脳梗塞を誘発します。同様な理由で、朝に発症することもあります。

 

ただこれはあくまで、発症の割合でみた場合です。1年通して、いつ発症するかは個人差があります。したがって、脳梗塞を予防するためには常に対策を行うことが大切です。

 

生活習慣を改善するなどの対策も大事ですが、ドロドロ血液をしっかりサラサラにするためにサプリメントの活用をおすすめします。

 

血液サラサラサプリメントを活用いていくことで、血液の健康を守ることができます。「DHA、EPA、ナットウキナーゼ、ケルセチン」が、血液サラサラの有効成分です。

 

DHA・EPAは青魚に多く、ナットウキナーゼは納豆ならではの成分で、ケルセチンは玉ねぎに含まれています。どれも食べ物からも摂れますが、サプリメントもプラスすることでより効率よく補えます

 

血液サラサラにおすすめのサプリメントをピックアップしました。

 

血液サラサラにおすすめのサプリメント ランキング

大正DHA・EPA

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!


おすすめポイント


大正製薬が販売しているサプリメントの『大正DHA・EPA』は、血液サラサラ成分の必須脂肪酸のDHAとEPAを高配合しています。


DHA・EPAサプリは他にも多々ありますが、配合量は商品によって異なります。こちらのサプリメントでは、DHA・EPAを600mgも配合しています。


さらに生臭さを抑えるために特殊カプセルを使用しているため、風味も気になりません。また、成分の酸化防止のために1日分がアルミ個包装になっています。


価格 ¥1,000
成分 DHA・EPA600mg、ビタミンEなど
備考 製薬会社・大正製薬が販売する安心のサプリ

申込みはこちら


きなり

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!


おすすめポイント


さくらの森の『きなり』は、血液サラサラ成分を複数配合しています。


青魚に豊富に含まれるDHA・EPAを1日分で500mgも!さらに成分を酸化から守るためにアスタキサンチンも入っています。


そこに血栓を溶かす優れた力を持つナットウキナーゼもプラス


価格 ¥1,980
成分 DHA・EPA、ナットウキナーゼ、アスタキサンチン
備考 リピート率は92.3%

申込みはこちら

天然効果 タマネギの力

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!


おすすめポイント


『天然効果 タマネギの力』は、玉ねぎに多く含まれる血液サラサラ成分のシクロアリインや血管に良いケルセチンを配合したサプリメントです。商品名の通り、玉ねぎならではのパワーが詰まっています。


原材料は国内産でこだわり、安心のサプリメントです。血液の状態や健康診断の結果が気になり始めた方におすすめです。


価格 ¥3,430
成分 ケルセチン、シクロアリイン
備考 国産の玉ねぎを使用

申込みはこちら

 

脳梗塞の対策に良い血液サラサラ成分

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!脳梗塞を発症する過程で、まず血管内を詰まらせる「血栓」が作られます。

 

この血栓を防ぐことが脳梗塞対策において重要です。

 

そのためには、血液サラサラ成分が有効です。

 

代表的な血液サラサラ成分をご紹介いたします。

 


代表的な血液サラサラ成分

「DHA・EPA」
青魚に豊富に含まれるオメガ3系脂肪酸です。体にとって必要であることから、必須脂肪酸とされています。ちなみに厚生労働省も摂取を推奨している成分です。

DHA・EPAには悪玉コレステロールや中性脂肪など、ドロドロ血液の元に働きかける効果があります。
また、脳の活性化にも良いことから、アルツハイマーや認知症予防にも有効とされています。

「ナットウキナーゼ」
納豆のみが持つ特殊な成分です。納豆菌に含まれる酵素のことで、他にはない血栓を溶かす働きを持っています。

血栓ができてしまった場合にも有効と言われています。
ただし、納豆は血液凝固作用のあるビタミンKも含まれているため、すでに血液状態が悪い人は気を付けてください。ナットウキナーゼのみが摂れるサプリメントの方をおすすめします。

「ケルセチン、シクロアリイン」
どちらも玉ねぎに豊富に含まれる成分です。ケルセチンは血管の酸化防止に、シクロアリインは血液サラサラ作用と、これらの成分は総合的に血液や血管の健康に良い成分です。
「アリシン」
アリシンも玉ねぎに含まれています。その他ににんにくにも豊富に含まれています。

これらの食べ物のにおいの元になっている成分です。

「ポリフェノール」
ポリフェノールは優れた抗酸化作用によって血液サラサラをサポートします。ポリフェノールにはさまざまな種類がありますが、たとえば、ごまに含まれるセサミンは血中の中性脂肪を抑制するなどの働きがあります。

 

このように血液サラサラ成分は身近な食べ物にも含まれています。

 

そのため、食事から摂ることもできます。しかし、十分な量を摂取するとなると食事では補いきれないものも多いため、サプリメントを利用しながら補給しましょう。

脳梗塞を発症しやすい季節

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!脳梗塞は血栓ができることによって発症しますが、いつ発症するかは分かりません。

 

ですが、割合的にみると、「夏」に脳梗塞が発症しやすいとされています。大体6月〜8月です。

 

初夏から夏本番にかけて脳梗塞が発症しやすい理由は、簡単にまとめると、「発汗が増えるから」です。

 

夏になると、脱水症状の注意喚起が行われ、ニュースにもなりますが、これが脳梗塞に関わっています。

 

体はほとんどが水分で構成されているため、暑く発汗が増えて体の水分が減ってしまうと、サラサラのはずの血液がドロドロになり、血栓を作りやすくします。

 

この結果、動脈硬化を招いて、さらに脳梗塞を誘発してしまいます。また、体温が上昇すると熱を体から排出するために血圧も低下し、これも血栓の要因になります。

 

1年中いつ発症するか分かりませんが、とくに夏には注意してください。対策としては、脱水症状を予防することが脳梗塞予防になります。

 

つまり、水分補給が第一の対策手段となります。汗をかく量が増える分、他の季節よりもこまめに水分補給をしてください。とくに外出されるなど、暑い場所にいるときは十分に水分をとってください。

 

スポーツドリンクなど、体に吸収されやすいドリンクもおすすめです。

 

ただし、お酒には注意してください。暑い日はビールなど、お酒がすすみますが、これは水分補給になりません。むしろ、脱水症状を誘発してしまいます。

 

アルコールには利尿作用があるので、余計に体の水分が減ってしまいます。

脳梗塞の検査・診断

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!脳梗塞は突然発症し、倒れてそのまま命を落とすこともありえます。

 

また、命を取り留めても後遺症が残ることも多い病気です。

 

突然発症すると言っても前兆はあります。

 

それを調べるためには、定期的に脳を検査する脳ドックなどの健康診断をおすすめします。

 

その結果から脳梗塞の疑いがある場合は、精密検査にうつります。

 

まず、「CTスキャン、MRI」といった画像検査を行います。脳内の状態を断面的また画像で解析し、出血している部分などを特定します。MRIの方が精密で、CTで発見できなくてもMRIで判明することがあります。

 

必要に応じて「MRA」と呼ばれる血管に細い管を挿入し、血管や静脈瘤を調べる検査も行うことがあります。心臓の働きも関係していることから、「心電図検査」も脳梗塞の検査に用いられることがあります。

 

脳梗塞を事前に調べる目的でも検査を受けることが可能です。これらの検査によって、脳梗塞と診断された場合は治療に入ります。早期発見によって回復率も高くなるため、重ねて言いますが、定期的な健診をおすすめします。

脳出血とは

脳梗塞予防におすすめのサプリメントはコレ!脳出血は脳梗塞と同じく脳卒中の一種である病気です。

 

同じ脳卒中と言っても、完全に異なる病気です。脳出血は文字通り、脳の血管が何らかの原因で破れて出血している状態をさし、脳梗塞は血管内で血液の塊(血栓)ができて流れが滞る状態です。

 

共通点もあり、それは元となる原因です。脳出血も、脳梗塞と同様に高血圧や動脈硬化が原因になることがあります。

 

動脈硬化とは、動脈が硬くなり、しなやかさがない状態です。それによって血圧も上昇し、圧力の負荷から血管が破れて血が漏れだしてしまいます。この他に、硬膜動静脈瘻や脳動静脈奇形などの病気も関係しています。

 

脳出血を発症した場合は、基本的に薬物療法を行います。症状にもより、身体機能に影響しているような深刻な場合は手術を受けなくてはならないこともあります。いずれにしても脳の負担を軽減するために必要な治療です。

 

ただし、発症してから治療を受けていればいいわけではありません。理想は、脳梗塞と同様に対策していくことです。

 

脳出血予防でとくに注意したい生活習慣が、「喫煙」と「飲酒」です。喫煙は百害あって一利なし。タバコの本数が多いほど血管に大きなダメージを与えます。大体1日に40本以上で、脳出血のリスクは4倍に膨れ上がるとされています。

 

飲酒は適量なら体に良いと言われていますが、1日1合以上も飲んでいると、喫煙と応用に脳卒中のリスクを高めます。この他にも、不摂生な生活が影響します。バランスの悪い食事や肥満、運動不足などにも気を付けてください。