脳梗塞予防成分:DHA・EPA

脳梗塞予防成分:DHA・EPA

脳梗塞予防成分:DHA・EPA

脳梗塞予防成分:DHA・EPA脳梗塞は特定の人が発症する特殊な病気ではありません。生活習慣が悪いと、誰でも発症するリスクはあります。

 

なお、日本国内では脳卒中の患者数が多く、中でも脳梗塞の割合が高いとされています。

 

脳梗塞は死因にもなり、一命を取り留めても後遺症が残る重篤な病気です。

 

発症する前に生活の中で予防していくことが賢明です。脳梗塞の元をたどると、血液の流れが悪くなることが原因です。よく言う、「ドロドロ血液」になることで、脳内の血管内に血栓ができてしまうと、それが元となって脳梗塞を引き起こします。

 

ドロドロ血液を改善し、サラサラ血液を保つことが脳梗塞対策になります。血液サラサラ成分で最も代表的な成分が「DHA・EPA」です。

 

DHA・EPAはオメガ3系脂肪酸に分類される脂肪酸です。脂肪と聞くと体に悪いイメージがありますが、この脂肪酸については真逆です。体にとって必要であることから、必須脂肪酸とされており、厚生労働省でも摂取を推奨しているほどの成分です。

 

青魚に豊富に含まれている成分で、主にイワシやアジ、サバやマグロ、サンマなどから摂ることができます。ただし、十分な量を補うには大量に青魚を食べなくてはいけませんし、酸化に弱いので食べ物のみで補う方法は難しいとされ、サプリメントがすすめられています。

 

DHA・EPAがどのように脳梗塞を予防するのかというと、血液をドロドロにする原因の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす働きが関係しています。血中の余分なものを抑えることで血管はしなやかになり、血液もサラサラになります。こうして血栓対策になり脳梗塞を予防できます。

 

また、脳の活性化にも良いため、記憶力や集中力アップ、認知症やアルツハイマー対策にも有効な成分とされています。